RAWイメージング。

バイクとカメラの日記帳。

カバーダイヤフラムがまた割れる。

f:id:kakuten:20200322215003j:plain

セロー225の弱点といえば、キャブの横のプラスチック、カバーダイヤフラムの割れですね。

中古で買った私のセローももれなく割れていて、2016.12.28、走行距離13380.3kmにて交換をしました。セロー用ではなく、ちょっと安かったSR400用の純正品です。

 

今日何気なく眺めていたら例の部分に亀裂を発見。

現在2020.3.22、走行距離49409km。約3年でこれです。

この亀裂だけで4000円近く払うのもなんなので、修理してみよう。

この前われたやつを捨てずにとって置いていたので、接着してみる。

f:id:kakuten:20200322220144j:plain

セメダインのABS用接着剤。これはダメ、全然くっつかない。そうだよな、燃料系の部品にアセトンで溶けるようなプラはつかわないよな。。。行けたと思ってドヤ写真を用意してしまったのでもう貼っちゃう。

 

次いで手元にあった「セメダインスーパーX2」。

お、くっついたか。こいつは弾性接着剤のようで、はみ出た部分が乾いてから簡単にぺりぺりとはがれて心配になる。

一応欠けた部品はそれなりにとまっているようなので、次に補強。このままではまた割れる。

またまた手元にあった塩ビパイプ(PENTAX MEsuperのダンパーを自作しようとしたときの)を、切り開いて、あぶってUの字に加工し、これまたセメダインスーパーX2ではみでるくらいムニュっと接着する。

f:id:kakuten:20200322220302j:plain

f:id:kakuten:20200322222728j:plain

これいいんじゃない?首を補強したのと、補強材も接着面積を増やしたことで強度出てると思う。今度交換したら結果を追記しよう。

 

【メモ】2020.3.22現在のカバーダイヤフラム価格

セロー225W用                 :2LN-14958-10 (4664円)

SR400用(2000年以前):3GW-14958-00 (3619円)

2016年ではSR用は2991円でかえたのに。。。

セロー225Wのリンク給脂とコーケンのスピンナハンドル初登場。

f:id:kakuten:20200321000516j:plain

セローのリンクの分解!

定番の、酒屋で買ってきたビールケースがリフト台。

f:id:kakuten:20200321001430j:plain

タイヤを外す。

次いでリンクを切り離します。

リアサスペンションのボトム・エンドのところと、車体とリンクをつなぐところを切り離します。

リア・ブレーキ・ペダルを外さないととボルトが抜けない構造になっており、

さらにペダルのシャフトの背面側には抜け止めピンが差してあるという2重の罠が仕掛けられております。この抜け止めピンをよく忘れるんですよ。

下の写真の緑色のワイヤー、園芸用のソフトタイってやつなんだけど、チェーンとかキャリパーをつるすのに重宝してます。

f:id:kakuten:20200321000603j:plain

あとはピボットのボルトを抜くだけ。

ナットもボルトも囲われているせいでボックスレンチが入りにくい。

スピンナーハンドルが大活躍。このために買ってよかった。。。これ最高のツールや。

私的にはローレットをお勧めする。早回ししやすいもん。

www.amazon.co.jp

さらに下の写真のパーツケース、これも園芸用の植木鉢の下にひくアレです。

5個セットで250円くらい。強みは重ねるとうまくまとまるところ。

これおすすめ。

f:id:kakuten:20200321000536j:plain

このガード・シールという部品について。

マニュアルだと下写真の状態からチェーンスライダーをはめるようになってますが、どう考えてもつかない。

先にチェーンスライダーをはめてから、ガードシールをはめるしかできないの。

f:id:kakuten:20200321000504j:plain

f:id:kakuten:20200321000540j:plain

上のマニュアルの15番と16番ですね。

つくようにしかつかんので、そのまま行きます。

(仮でメイトのアクスルシャフト突っ込んでます)

f:id:kakuten:20200321000730j:plain

手がモリブデングリスまみれなのでもう写真がない。
潤いを取り戻した金属のなめらかな動きよ。

整備はいいぞ。みんなもやろう。



タウンメイト90(T90D)のシート張替え

【あらすじ】

 シート張替えをしたくなかったkakutenは、カバーをかければいいじゃん、カブのやつ似てるし使えるんじゃない??とホンダ純正「08F80-KWV-000」(1700円!)を購入、しかし無慈悲にも厚みが全然違って寸足らずであった。

レジ袋をいつまでもかぶせておくのはあまりに屈辱!ついに怒りのシート張替えを決意。果たしてどうなるのか!!?

 

 

いよいよ本編です。

2002年製造のメイトくん(4NMA)のシートがついに破れてしまった。

f:id:kakuten:20200130124617j:plain

f:id:kakuten:20200130124708j:plain

メイト君を買ったのが2016年2月だから、4年間ずっと直射日光にさらされていてカチカチになってしまったようだ。仕方ないね。

シート張替えやってみようぜ。

 

f:id:kakuten:20200130124652j:plain

んなわけでNTBさんのシート皮CVY-05を購入。モノタロウで1529円(税込み)だった。元のシートのように一枚ものかと思っていたら、縫い目ありのものであったが何の問題もないだろう(裂けなきゃいいけど)。

 

f:id:kakuten:20200130124916j:plain

タッカーは会社のを借りてきた。MAXのガンタッカーTG-Aである。

内部ハンマーでステープルをたたくタイプ(ゆえにガン、か)のようで、いくらハンドルを握る力を強くしようが、押し付けを強くしようが、無意味である。すべてはハンマースプリングにゆだねられている。

f:id:kakuten:20200130124715j:plain

ステープルも定番MAX T3-6M。170円くらいだったかな。

6M=足が6mmなんだけど、打ち込むシート樹脂の厚さが4.9mm厚位しかない。

貫通してシート皮に穴をあけるんじゃないかとビビるんだけど、シートのウレタンクッションが守ってくれそうだったんで気にしないことに。

ちなみに3mmくらいのものを探したけれど、産業用ステープルでは6mmがスタンダードで存在しない模様。だからみんなT3-6Mなんすねぇ。

しかし旧針抜いてると明らかに3mmくらい。

どこでその針を手に入れたんだヤマハさん。。。

↓さびてるのがオリジナル。白いのがT3-6M

f:id:kakuten:20200130124649j:plain

 

 

まあいい、作業を続けるぞ。

とりあえず破れシートにT3-6Mを打ち込んでみる。

最初の2発は以下の通り。雲行きが怪しい。

しかしその後、タッカーを直角に当てないとこうなることが分かった。

f:id:kakuten:20200130124636j:plain

 

 

皮をはがした。

とても湿っている。エアコンの直下で乾燥させることに。

ウレタンはそのまま行けそう。

f:id:kakuten:20200130124638j:plain

 

分離できるんだ。知らなかったぜ。

f:id:kakuten:20200130124642j:plain

 

得意のしりすぼみで完成まで写真がない。

要点は

①ネットに書いてある通りウレタンをごみ袋で防水する。

②ネットに書いてある通り前後仮打ち、左右仮打ち、からの対角線打ちする。

③気に入らなければやり直せる。

④狭いところはタッカーが入らないのでタッカーで適当打ち、その後ドライバーで押し込むほなない。

 

なんだかんだでできたんですよ。

NTBさん、採寸ばっちりでびっくりしますわ。皮の厚さも柔軟性もよくて、次回もお世話になります、といった感じ。あとは経年劣化のスピード次第ですがね。

f:id:kakuten:20200130124659j:plain

f:id:kakuten:20200130124655j:plain

f:id:kakuten:20200130124702j:plain

ここで変に慎重な自分は、タッカーの仮打ちとかやり直しで空いた穴が気になって仕方ない。古いステープルだったときのさびさびも気に食わない。

思い付きで木工用ボンド(速乾性)でシーリングしてみる。

f:id:kakuten:20200130124705j:plain

f:id:kakuten:20200130132815j:plain

地球での速乾性というやつは言葉で言うほど速乾ではないのだな」

有名なシャア少佐もこういうだろう。ってのが感想。

そうそう、しわが気になるときは皮どうしアロンアルファでよくくっつきますよ。

 

 

ヒンジの金属同士こすれるところにグリスを塗っておく。ゴムブッシングに接するボルト軸にグリスが付着するとよくないと思う。

f:id:kakuten:20200130150305j:plain

 

本日最後のチャレンジ。

下り坂で尻が前に滑っていってしまうので、シートヒンジの下にワッシャーを3枚ずついれてシート全体を後傾にしてやろうという魂胆。

f:id:kakuten:20200130150346j:plain

 

我ながらうまくいきました。

f:id:kakuten:20200130151310j:plain

 

 

奥多摩から甲州へ

 

f:id:kakuten:20191117210208j:plain

とてつもない秋晴れなので、セロー君と秋探しに行ってきた。

レンズはHD DA18-85mm!C-PLフィルターの出番でござる。

甲府に行こうと思ったけど、紅葉なら奥多摩のほうがええやんと方向転換。

f:id:kakuten:20191117210155j:plain

小菅村のあたりは紅葉のちょい手前かな。

杉の木が多いから場所によってはみどりのまんま。

f:id:kakuten:20191117210150j:plain

柳色の川と黄色と赤のグラデーションがいいよね。はやり紅葉は川とセットにしたい。

f:id:kakuten:20191117210117j:plain

ちょっとコントラスト落としすぎたか、、。黒つぶれを恐れての愚行。

C-PLの効果をはっきり体感できる。こんなに色がのるなんて(撮影時ちょっと彩度いじってるけどフィルター効果が大きい)。フィルター枠回すだけでファインダー内に色が燃え上がるから不思議だ。

f:id:kakuten:20191117210111j:plain

県道18号(上野原丹波線)で、トップ写真を撮っていると、単気筒の音が行って戻ってきた。なんだろうと思ったら俺のバイクが迫ってくるではないか。

f:id:kakuten:20191117210212j:plain

すごい笑顔で、「同じ型のバイク乗りの輪」を一瞬で理解した。

「おなじのやないですか~」

f:id:kakuten:20191117210108j:plain

西荻窪バイク屋さんを営んでいたおとうさん。自分と考え方もカスタムもそっくり。

「目的地とか、目当ての食べ物じゃなくて、バイクに乗っていることが楽しいんですね。」

「毎週のように奥多摩に来ていまして、いわば私の「けものみち」ですね。」

バイク屋のゆうことなんて、ほとんどが嘘ですよ。40年間やってきてそれが分かった

。」おとうさんは語る。

セローのダイヤフラムカバーのこととか、ステーターコイルのこととか、スポークは黒がいいとか、ライトパネルに貼ったダイモテープとか、こんなに話が合うか??っていうくらい話が合った。

もうどっちが自分のセローかわからん(!)。

最後に固く握手を交わしてお互いの無事を願う。

セロー乗りはやはり紳士ですな。

f:id:kakuten:20191117210120j:plain

柳沢峠に向かう。広葉樹が多くて、黄色が沸いている、美しいいいいい!

 

f:id:kakuten:20191117210139j:plain

わざわざ川に降りて撮影。手持ちで頑張った。

f:id:kakuten:20191117210143j:plain

柳沢峠のドラマチック富士。魅せ方が憎いね。

f:id:kakuten:20191117210146j:plain

よい道だが、つるつる摩耗タイヤでは飛ばす気にならなかった。ひよひよする。

この後、山梨市のプラモ屋ニコニコ堂をのぞいて(ミニ四駆めっちゃやってた)、勝沼フルーツラインをかすめて帰る。

f:id:kakuten:20191117210110j:plain

 帰りに苦労する。山梨から神奈川に帰るには「国道20号」又は「国道413号」なわけですが、10月の台風ラッシュにより、どちらも災害があった。

国道20号は法雲寺橋が屈曲、通行止めになっていたが、隣の砂利採掘場?の横の砂利道で迂回できた(マジ狭いけど乗用車1台ならとおれる)。

上野原まで猛ダッシュで走るも、相模湖手前で大渋滞。こりゃたまらんと、藤野から青野原バカンス村に抜けようとする。が、これも通行止め。

戻ってくる途中、県道517号に抜ける車列を発見、一か八かついて行ってようやく牧野に戻ってこれた。ほんとに丹沢山地を越えられないんじゃないかと思った。

道の大事さを、身をもって感じたのでした。

デスクトップパソコンの更新。その2

あらすじ:パソコンを一新したらディスプレイに机の天板面積を奪われた。

 

心の平穏を取り戻すのだ!

f:id:kakuten:20191102184119j:plain

グリーンハウスさんのGH-AMCK01を購入。

www.green-house.co.jp

lenovo "tiny in one 24in display gen3"の巨大な足を駆除する。

ディスプレイにはVESA100mmのねじ穴があるので、そこをつかう。

f:id:kakuten:20191102184122j:plain

このワンタッチ金具は各社の規格なのか、前のdellのものと互換性がなかった。

しかしでかいお皿だ。

f:id:kakuten:20191102184126j:plain

グリーンハウスの新スタンドを組み立てていると、ねじ山に塗料が詰まってて締まらんところがあった。ねじをタップ代わりにして解決。

f:id:kakuten:20191102184129j:plain

難なく設置。完璧だ。

ディスプレイ面の位置は壁から21.5cm→15.5cmに。

6cmも引っ込んだ。よしよし。

f:id:kakuten:20191102184132j:plain

忌まわしき脚は捨てる。

f:id:kakuten:20191102184137j:plain

キーボードの収納が戻って満足である。

f:id:kakuten:20191102184142j:plain

 

デスクトップパソコンの更新。

2007年に買ったDELLのIinspiron530s「Core 2 Duo メモリ2MB WINDOWS XP」はさすがにセキュリティがやばいということでWin10に更新しました!12年間お疲れさま!

ここ1年間は出張用のLenovo Tinkpad E420でネットしていたんだけど、画面がちいせぇ!!いよいよ業を煮やしての装備更新です。

私はパソコンさっぱり君なので、情弱な面があるかもしれませんが、

じゃーん!(死語)

PC:Lenovo M715q (8×2MB) SSD128GBのドノーマル

ディスプレイ:ThinkCentre Tiny-in-One 24

f:id:kakuten:20191028223109j:plain

とにかく省スペースにしたかったので、ディスプレイの後ろにパソコン本体を差し込めるTiny in Oneシリーズにしました。

これによって、D-SUBケーブルと電源ケーブルが省略されます。いいぞ。

M715q自体は本体が小さくてめちゃくちゃかっこかわいい。

下の写真はディスプレイに差し込まれたM715q本体。クールだぜ。

f:id:kakuten:20191028223113j:plain

M715qにはなんの不満もないんだけど、ディスプレイにはいくらか不満がある。

画面がめちゃくちゃ前に出るのである。

f:id:kakuten:20191028230526j:plain

f:id:kakuten:20191028223102j:plain

画面が21.5cmも前にでちゃう。机の奥行が60cmで、ディスプレイ面の位置が21.5cm、35%占有されるわけです。机の天板の35%ですよ!?

※ディスプレイの伸縮支柱を縮めればもう少し後ろにひっこむけど!

さらに邪魔なのが支柱下の足である”お皿”。

f:id:kakuten:20191028223106j:plain

なだらかな曲線を描いているのでキーボードを置くこともできない。

ここは省スペースちゃうんかい!って思った。

ディスプレイを壁側に寄せる工夫を考えるしかないぜ。

 

おまけ

WIFIネットワークアダプタの”Realtek 8821CE Wireless LAN 802.11ac PCI-E NIC

のドライバーを2024.0.9.101 → 2024.0.9.103に更新したらWIFIのつながりが改善しました。おためしあれ。

エアフェスタ浜松2019にいってきた!

f:id:kakuten:20191022205003j:plain

連休になったので、帰省を兼ねて実家の様子と浜松基地航空祭を見てきた。

国道一号線を降りる頃には雨も上がり、掛川の田畑に光がさしてきれいだったので一枚(なわけない、30枚くらいのボツが隠してある)。久しぶりにカメラを出したので、逆光にやられてしまった。あちゃー!

次の日、お茶刈り手伝いをしてから思い出の浜松基地に向かう。

なんだか緊張してきた。二輪駐車場は北部水泳場をマーク。

f:id:kakuten:20191022205612j:plain

俺が大きくなったのか、航空祭の規模が小さくなったのか。

15年ぶりの浜松基地。エプロンエリアが異常に狭く感じた。

なんか昔はVADS20mm機関砲の空砲とかあった気がする。。。

f:id:kakuten:20191022205627j:plain

私はさしてマニアではないので、あの機番はああだとか、この飛行隊はこうだとか、語れることは何もない。とにかく戦闘機のパワーと気流に打ち勝つ洗練されたフォルムが好きなのである。もとプラモデル小僧としては、汚れ方が気になるところ。

f:id:kakuten:20191022205642j:plain

 

 

f:id:kakuten:20191022205654j:plain

今回の目玉は三沢のF-16デモフライトチームのプリモ大尉によるデモフライト。

フライトの様子は大きなレンズの人達に任せておいて、目視で楽しむ。

すげえ、まず自衛隊機とはスピードが違う。高速侵入時の「コォォォォォォォォ」という音も緊張感を伴う音だ。戦勝国ならではのアクロバットでした。お見事。

(制約がなければ自衛隊機もできるはず)

 

プリモ大尉がみんなの心を持って行ってしまった、というのが今回の感想でした。

アメリカの飛行機野郎は休んでいても絵になるなぁ。