RAWイメージング。

バイクとカメラの日記帳。

セロー225Wにワイド・ステップを付けるぞ!他

f:id:kakuten:20181203220136j:plain

セローの第三次改修を実行するぞ!

今日のメニューは3点!

1.ワイド・ステップの装着

2.ハンドル・バー・ライズ・キットの装着

3.可倒式ミラーに換装。

まずは心配の多いワイド・ステップから実行するぜ。

ワイド・ステップはあんまり選択肢がない中で、DRCのワイド・ステップ(一番安い)を選択。なかなか情報がないのですね。ということでこの記事を書くわけです。

この商品、セロー225後期型(WE)用しか存在せず、初期型用は探したけどなかった。

調べていくと、どうやらセロー初期型と後期型のステップの違いはピン径(8mm→10mm)とステップ・ブラケットの肉厚(詳細不明)が変更になっているらしい。

そんな形変わらんやろ、と軽い気持ちで購入した。。。。

ステップ交換のために純正部品を追加でいくつか購入した。

1.225WE用のステップ・ヒンジピン(10mm)2本

2.225WE用のステップ・スプリング 2個

この際、ブラケットごと換装してしまう案もあったけど、左右で15000円は超える高額部品なので、やめた。

 

まず、簡単そうな右ステップからいく。見てくれこのノーマルのクソ小さいステップを。

f:id:kakuten:20181203215604j:plain

これじゃ、足も落ちますわ。

大きさの比較をしてみた。

こりゃ期待できそうですわ。

f:id:kakuten:20181203215601j:plain

ステップのヒンジピンのコッターピンを抜く。ニッパーでくわえながらてこの原理を使えば難なく外せる。

f:id:kakuten:20181203215558j:plain

右ステップのヒンジ穴。こいつはセロー225Wなんで、8mmピン用の穴が開いている。

これを10mmに拡大してやろうという魂胆である。

f:id:kakuten:20181203215555j:plain

 

セロー225Wの内径は8.30mm。

f:id:kakuten:20181203215658j:plain

DRCのワイド・ステップの内径10.01mm(塗膜込)。

f:id:kakuten:20181203215552j:plain

セロー225Wのピン径、7.86mm

f:id:kakuten:20181203215655j:plain

セロー225WE用のピン径、9.91mm

f:id:kakuten:20181203215652j:plain

2mm違うとだいぶ太く見える。しかし、8mmピンにある先端のテーパーがスポイルされてしまっているのは悲しい。しかもよく見ると長くなっている。測ってないけど。

f:id:kakuten:20181203215649j:plain

いよいよ開口する。ドリル径は10.12mmくらいだったかな(じつはインチのドリル)。

f:id:kakuten:20181203215646j:plain

最終的に径は10.30mmまで拡大した。

ここまでは大して問題はなかった。いよいよ取り付け!の段階で、スプリングの形状が違うことが判明。

下の写真の左が225WEのもの、右が225Wのもの。中央は似せて自分で曲げたもの。

これはそこそこうまくいった。

f:id:kakuten:20181203215803j:plain

いよいよ取り付けた。やっぱりピンが長い模様。

f:id:kakuten:20181203215806j:plain

ヘッド側にワッシャーを2枚足して微調整。いい感じになった。

f:id:kakuten:20181203220029j:plain

いよいよ左ステップにかかる。なにかうまくいかない雰囲気がある。

ドリル作業に邪魔なので、シフト・ペダルのボルトを緩めてぶらぶらさせておいた。

f:id:kakuten:20181203215800j:plain

さっきの件もあったので、スプリングを見比べる。

やっぱり形状が違う。。。

下の写真はどちらも225Wのスプリングだけど、左右で形が異なっている。

当然225WEのスプリングも形が違う。

f:id:kakuten:20181203215755j:plain

こちらも開口はうまく行った。

f:id:kakuten:20181203215751j:plain

とりあえず、あてがってみるか、、、、

ん?ピン穴があわなくない???

可倒もしない感じだぞ??

f:id:kakuten:20181203215925j:plain

DRCステップの端の部分が干渉して、ピン穴が合わない模様。

f:id:kakuten:20181203215920j:plain

ご自慢のマキタのグラインダーで削る!一心不乱に削る。写真を撮り忘れるほどに!

削ったのは先端と、コーナーの部分。

すいません、先端を削りすぎちゃいました。。。。

哀れ、下を向いたステップ。悲しい。

ステップの先端はストッパーを兼ねているから削りすぎちゃだめだよ。

f:id:kakuten:20181203215917j:plain

しかしひらめきの神様が下りてきた。

削りすぎたなら、ブラケット側を増せばよくない??

ステップを水平に保って、隙間を図ると丁度3mm。

この隙間にあう3mmの何かがあれば、水平を保てる。

ホームセンターに駆け込んで金物コーナーを物色したら皿取りしてある3mm厚の鉄板を見つけたので購入。あとM5の皿スクリューとナットを買った。

鉄板をグラインダーで切って部品を作る。

あと、ブラケット側にも取り付け穴を開口した。

f:id:kakuten:20181203215912j:plain

こんな感じ。さび止めのため、黄色いプライマーを吹いた。

f:id:kakuten:20181203225744j:plain

ここが奇跡的!もとから軽減孔のようにくりぬいてある。だからナットを収めることができた。これがなかったらどうしようもなかったぜ。

f:id:kakuten:20181203215909j:plain困難を乗り越えてステップがついた。やったぜ。

しかし完全に可倒はしない模様。そういう仕様なんかな。

f:id:kakuten:20181203220032j:plain

ステップは終わったんで、ハンドルを高くするためにバー・ライズ・キットを入れる。

ZETAのやつ。19mmアップ。これは直ぐに腐りそうな雰囲気。

これでスタンディングで前かがみにならなくて済むだろう。

f:id:kakuten:20181203220026j:plain

最後に可倒式ミラー。この15mmナットが締めにくい。

f:id:kakuten:20181203220019j:plain


なかなか端正になってきた気がする。

ライダーはいまだにオフロードのコスプレの域をでないが。



 

東北ツーリング、2018。【3日目-4日目 4/30-5/1】

f:id:kakuten:20181007101229j:plain

f:id:kakuten:20181005181904j:plain

象潟の海岸に月が沈む。

となりの漁港は猫漁港のようで、夜にもかかわらず猫とたわむれに来る人が多かった。

f:id:kakuten:20181005181903j:plain

のろのろと荷積みを行い、北を目指す。

まずは男鹿半島。寒風山から。

海岸沿いを爆走する。

f:id:kakuten:20181005181905j:plain

国道7号線で日の出を迎えた。もうちょっといい場所ならなぁ。

f:id:kakuten:20181005181906j:plain

風車に重ねて。

寒いかと思ったらところどころ生温かい風が流れてきた気がする。

国道を爆走しただけんなんで、これ以外写真がないのだ。

なんやかんやで男鹿半島寒風山に到着。日本海の海岸を一望できる小高い丘?である。

f:id:kakuten:20181005181907j:plain

なんかモンゴルっぽい(?)

始終さわやかな風の吹く良い場所だ。

早朝、人は一人二人で最高の雰囲気。

↓てっぺんに展望台とお店がある。

f:id:kakuten:20181005181909j:plain

 

f:id:kakuten:20181005181910j:plain

↓駐車場から秋田市側を見る。さえぎるものがなくて最高の景色だ。

ガスってなかったらすごいだろうな。

f:id:kakuten:20181005181912j:plain

日本海側の海岸。手前の山肌と相まって、旅を感じる。

「遠くまできちまって帰るの面倒だな」と見えない横浜に思いを巡らせた。

f:id:kakuten:20181005181913j:plain

f:id:kakuten:20181005181911j:plain

男鹿半島の先っちょ側を見る写真。

f:id:kakuten:20181005181914j:plain

↓先週山火事があったらしい。炎の走った道が見えますね。

f:id:kakuten:20181005181915j:plain

f:id:kakuten:20181005181916j:plain

寒風山をあとにして、次は男鹿半島の先端、入道崎を目指す。

気になるものがあれば、どんどん寄ってく。

 

男鹿の海は美しい。

f:id:kakuten:20181005181918j:plain

f:id:kakuten:20181005181917j:plain

 

入道崎はまだか。

f:id:kakuten:20181005181919j:plain

f:id:kakuten:20181005181920j:plain

特に語ることのない入道崎だが、売店のスーパーモーター内蔵客寄せなまはげ人形は見もの。

人もいないのに叫びまくっている「うおおおおおぉぉぉ。 なぐごはいねがぁぁぁぁ!!!」

入道崎の次は八郎潟に行ってみる。

秋田県の不自然な地形の部分だ。

f:id:kakuten:20181005181921j:plain

八郎潟は農業用に干拓されたところ。詳しくは調べて。

北海道のような広大な農地である。

その中を直線的な道が通っており、観光用なのか菜の花が延々と咲いている。

八郎潟を上から見たい。

八郎潟東の山にお寺のようなものが見える。いってみようぜ。

f:id:kakuten:20181005181922j:plain

入口探しに苦労し、さらに未舗装の急坂で、フル装備のホムセン箱がぶっこわれると思った。

そうして得られた八郎潟の写真。しかと見よ。

f:id:kakuten:20181005181923j:plain

おもったより遠かった。。。

しかし、秋田県の農業に賭ける意気込みが見て取れる。すげえな。

f:id:kakuten:20181005181924j:plain

国道を走っても面白くないので、山合いの上小阿仁を経由して鹿角、八幡平へ向かう。

途中偶然に見つけたんですよ。尾去沢鉱山跡。見たかったけど遠すぎるわって敬遠してたところ。

鉱山に入るコースは時間指定のよう。そんなに時間はないので、遺構だけ遠巻きに写真を撮る。立ち入り禁止なんでね。見れただけでも儲けものと考えよう。

f:id:kakuten:20181005181925j:plain

思ったより小さいと思ったのも事実(!)

f:id:kakuten:20181005181926j:plain

鹿角まで山を下り、道の駅鹿角で実家におくりもの。一つのミッションをこなした。

いよいよ八幡平アスピーテラインへ向かう。

やはり雪が残っていて、びしょびしょや。

f:id:kakuten:20181005181927j:plain

f:id:kakuten:20181005181928j:plain

↓大深沢展望台の付近。これはすごい。自然と「はーーーーーっ」と声が出た。

f:id:kakuten:20181005181929j:plain

f:id:kakuten:20181005181930j:plain

f:id:kakuten:20181005181931j:plain

絶景を越えて岩手側に下る。ここも妙な雰囲気が出ている。

雲上の楽園と呼ばれた「松尾鉱山」の居住区廃墟のせいだ。

なるほど、下界がかすんで見える。

f:id:kakuten:20181005181933j:plain

松尾鉱山は硫黄の産出東洋一だったんだけど、自然硫黄じゃなくても、精錬工程で脱硫した硫黄分で事足りるから、需要がなくなっちゃたんだって。

詳しくはふもとにある松尾鉱山資料館で聴きこもう。

f:id:kakuten:20181005181934j:plain

f:id:kakuten:20181005181902j:plain

岩手山と長尾廃墟。

廃墟をさいごにして、なんだかむなしい気分で目的は達成された。

体力・精神的にはまだ余裕があったんだけど、明日から東北は雨が降るってんで、帰ることにした。国道4号線は東京までつながっている。これにきめた。

カフェインを焚き焚き面白くもなんともない国道を南下する。

もちろん写真なんぞとっちゃいないので、記憶ダイジェスト、まとめました。

f:id:kakuten:20181007101228j:plain

まあ、、、福島でテント仮眠したってだけの話なんだけどね。

美しい東北の山達、広大な農耕地を見てきた。また来ようと思える素敵な景色ばかりだった。

東北ツーリング2018。完。

次回!富山ツーリング2018。こうご期待!(気が向いたらね。)

追伸

ダイジェストに「Gペン(タチカワ)」を使ってみた。初めてのGペン。

めっちゃ細かく描ける。紙がコピー用紙でにじんじゃったけど、ちょっと楽しいかも。

線に個性を出せそうなので、成長にご期待ください。

 

 

東北ツーリング、2018。【2日目 4/29】


↑バイク描くの失敗すると全部書き直しになっちゃうので、別で描いて糊で貼るようにしました。あしからず。

猪苗代湖畔は静かで優雅な雰囲気に包まれていた。
幻想的な湖面と山影。水彩画のような色遣いが粋だと思った。
そうそう、旅の朝はこうこうなくっちゃ。


確か、朝ごはんも食べずに出発した。
今日の目的地は鳥海山である。興味を引くものがあったらもちろんよって行く。
喜多方で大きな山に出会った。飯豊(いいで)山だ。
当初は飯豊山を知らなかったんだけど、平野の向こうにずんとそびえる山脈に心が盗まれた。

田んぼのあぜ道に入って撮影。ガスってしまって色が出ない。
Yahoo!カーナビが飯豊山をかすめて走るよう指示をだしてくる。あの山の向こうに米沢市が控えている。

飯豊山西吾妻山の間をぬける121号線をひた走る。
途中、日中ダムに寄ったが、大したことはなかった、、。

雪ののこる山間を抜け、米沢の町に出た。なんか知らんがでかい草原が見えてきた。
いってみようずぇ。

稜線を越えると、牧場だった。後で調べると飯豊山麓育成牧場というところらしい。
もう入ってしまった。ごめんなさい。

のんきな牛たち。興味があるのか何頭かは近づいてきてグフグフいってた。

「道の駅いいで」でお米ジェラートを食す。甘さが控えめで、さっぱりした、あとひかない感じで、、、微妙。

今度は山形米沢から西に進路をとって、新潟笹川流れへ向かう。国道113号で。
この区間は荒川と鉄道米沢線と並走している。緑と陸橋を横目に海を目指す。

赤芝ダム。


道なりに走って、新潟側の海岸に着いた。
あとは笹川流れに乗って北上するのみ。また山形を越えて秋田の境目にある鳥海ブルーラインを目指す。

鳥海山は山形と秋田にまたがる山で、バランスのよい容姿をしている。安心感のあるフォルム(謎)。活火山らしい。

ここから写真がなくて、特に語ることもないので、一気に鳥海ブルーラインに着いたものとする。
鳥海山はまだ雪が多いに残っており、「雪の壁」を目にすることができた。
(正直なところ、思っていたよりも汚いものであった(!))

殺風景で静かな今の鳥海山だが、雪解けた樹木の足元にふきのとうが顔を出している。
磐梯山と同じく、遅れてきた春の訪れをちょっとだけ感じた。


山頂ちかい駐車場についた。絶景である。もう一度言う。絶景である。
いま私は日本列島を目視しているのだ。


一番高い雪の壁。もうジーパンがびしょびしょだよ。。

鳥海山を下り、秋田に足を踏み入れる。
にかほ市象潟(きさかた)にきた。
象潟海水浴場キャンプ場をあてにしている。

キャンプ場につき、店先にいたおばあちゃんに聞くと、「まだやってないから好きに使っていいよ」と言われた。
キャンプ場の横に漁港があって、公衆トイレもあるので水もある。

風呂は道の駅「ねむの丘展望温泉」にした。350円で入れる。海見ながら入れてなかなかええぞ。

温泉入っているうちに日が水平線に来てしまって、シャッターチャンスを逃した。
残光にすがる図。
どうやらオフ車はこの構図がいちばん様になるようだ。

めしはマックスバリューで物珍しいご当地物をかって米たいて喰った(適当)。

本日の走行距離:385.0km

東北ツーリング、2018。【1日目 4/28】

今は昔、今年のゴールデンウィークのこと。
セローくんと東北秋田を目指して走ってきた。
いまさらながら、ペンをとるのである。
しょーもないツーリングの記録も、時がたてば大事な記憶資料になるからね。

(やべ、人差し指のが長い)
事前整備は入念に行う。出先のトラブルは全てを台無しにするし、なにより潤いを取り戻したバイクは疲れにくい。
漠然とGWに向けて準備してきた内容は以下のとおり。
・前後タイヤは摩耗で交換(ブリヂストンTW301/302)イラストの通り難儀した。
・ホイールベアリング給脂
・リンク・アッシーに給脂
・メーターべべルギアに給脂
・前後ブレーキパッド交換
・エンジンオイル交換
結構前からフロントフェンダーにセロー250用のインナーフェンダーを付けている。
水はねを避けるためにつけたけど、苦労した割には
「アップフェンダー」が汚れにくくなっただけで、裾は普通に濡れる。

次は、旅の道具。

ツーリング9年目にしていよいよメンツが固まってきましたねぇ。
私のツーリングは走りと景色を楽しむもの。荷物は少なければ少ないほど良い。
キャンプ道具はファイナルファンタジーの「テント」よろしく、回復アイテムにすぎないと思っている(ホテルは高えです)。
キャンプ場でじっくり調理するのはどうも性にあわん。

次、行程。

ほぼ前日になんとなく行き先を決めた。東北名山巡りです。
2009年バリオス時代にも秋田は通っていますが、ほんとに海岸だけ舐めたので、もう少し内陸に入って見たいと思います。

地図を描くのが嫌いでしょうがないので、今回はipadをトレース。
磐梯、飯豊、鳥海、八幡平を見に行く。あと、男鹿半島にもいく。
ルートが見づらくて申し訳ない。
メインルートは国道4号線とする。

4/28。午前3:00。前日は8時には寝ようと試みるが、荷物がまとまらず、気持ちも高ぶって眠ることができない。
これはもう恒例行事と行っても良いレベル。これが私の標準。

この写真は3:33撮影。いざ出発。
アイリスオーヤマのRV BOX HD600(容量45L)がこのざまである。
丸いコッヘル、シュラフ(イラスト描いてねぇ)、車載工具(イラスト描いてねぇ)が案外かさばるもんだから、
外積載が基本だ。
テントと銀マットは箱の後ろにくくりつける。箱にコの字ボルトを2個付けてあるので、それに乗っけてくくっている。
ばらけて落ちるのを防ぐために、コスパ最強の野菜ネットに入れている。これはみんなにお勧めしたい。

さあ、東北に向けて長い旅路が始まった。
朝一番、モンスターエナジーで景気を付けた。

真っ暗な神奈川を東京に向かう。246号線の同じ流れに乗るのはほとんど物流トラックだ。
特に見どころもなく流れに任せて進む。背後の荷物が落下しないか気になって仕方ない。
都内まで一緒だった旅のNINJA250の若者は無事目的を果たせただろうか。

途中多摩川沿いで日の出を迎えた。やはり旅の初日は興奮するね。ひょーーーっ!!

その後もだらだらと東京を北上、いつもの埼玉を通り抜ける。
同じく東北に向かう後輩君は三国峠経由で北上するそうだ。
この快晴だ。お互い良い旅になるであろう。

埼玉の田園地帯で、朝日が田んぼに写りこんで綺麗だったのでパシャリ。
カラスが朝ご飯を探している。進軍するソ連軍みたいだなと思った(?)。
この区間の4号線もびゅんびゅんトラックあふれ、実に快走区間である。
横からさす黄色い太陽も、旅を祝福してくれているように思える。

太陽が昇って空がより青くなってくる。7時くらいの青空は、希望で着色されている。
栃木の途中、畑が気になる。あぜみちがいい。

同じく4号線の栃木区間。脱線してあぜ道で記念写真。最初は撮影気力もモリモリ湧いてくるんだよね。

また栃木の田園地帯。ここはメイトくんの佐渡島珍道中でも寄り道したところ。お気に入り。
田んぼはまだ田植えしてなかった。

同上、レスキュー車が写りこんでいる。


栃木の4号線に狭い区間があって、渋滞気味になる。そんな区間を越えると高原と山が見えてくる。
那須岳の方向なんだけど、名称は不明。田んぼと高原が向こうに見え、一気に旅っぽくなる。
国道から見てたんじゃもったいない。道を外して写真撮影。

昔からさほど変わらない景色なんだろうな、なんて思った。いつもそんな景色を探している。



これも栃木だったと思ったんだけど。景色につられて脱線しまくりでよく覚えちゃいない。


那須塩原から会津若松へ向かう国道400号線国道121号線会津西街道)にのる。
豊かな明るい緑の樹林帯を川沿いに北上する。道がくねくねしてちょっと面白い。


会津若松につく。ソースかつ丼ののぼりが多いので頂いた。写真はあるんだけど、パソコンに取り込むのがめんどいので載せない。
磐梯山へ向かおう。
磐梯山スカイラインの宝庫だ。磐梯山ゴールドライン→磐梯吾妻レークライン→磐梯吾妻スカイラインと走り抜ける。

雪が残っていて、雪解けた足元に沼が見える。五色沼の近くまできた。
針葉樹が特別な世界に仕上げていますな。
遅れてきた来た春を喜ぶような柔らかい雰囲気を感じた。

そこからの、荒々しい磐梯山の風貌。噴火口が地獄を連想させる。
ちょっと寒かった記憶。
道沿いに行く。雪解け水に気をつけながら!

県道70号線を経て、磐梯吾妻スカイラインへ向かう。

途中の温泉郷。廃墟が多い。昔はにぎわったんだろうな。
日が傾いてきたのか、寂しい気持ちになった。

おおお、まさにスカイラインと行った様相。


吾妻小富士を過ぎ、世紀末ロードが見えてくる。こんな景色が日本にあってよいのか。
磐梯吾妻スカイラインはそんなところだ。


火山ガスが噴いていて、目にも肌にもしみる。場所によっては駐停車禁止の看板が。
さあ、いよいよ日が傾いてきた。



無料らしい猪苗代湖の崎浜川キャンプ場へと舵を取る。
途中夕日のゴールデンタイムを迎えたので、磐梯山をバックに写真を撮る。
いい色でしょう??


日も暮れて暗くなってから浜川崎キャンプ場に着いた。猪苗代湖の西の岸沿いにあり、静かなキャンプ場だった。
焚き火ライダーが多かった印象。乗り入れできないので、20mくらい荷物を運ぶ必要がある。
また、近くに店は全くなく、通りのコンビニまでバイクで15分くらいかかるので注意しよう。
そのコンビニで缶詰を買ってきて、炊いたご飯で喰うという旅の割にはわびしい夕ご飯となった。

今日の走行距離:540.6km

横浜Y字分岐。


フィルムを現像した日付は残っているものの、撮影日は記録に残っていない。
今年の冬だったと思ったのだが。
フィルムはILFORD DELTA100。
FA43はフィルムでもよく切れる。

お気に入りの沢。


神奈川という都会にありながら、宮ヶ瀬早戸川は巨石転がり、清水こんこん流れる名川であると思う。
↓過去に撮った早戸川

そんな早戸川の脇を通る、林道早戸川線(そのまんま!)、その途中にこの沢はある。

沢といっても、派手な水音は聞こえないような控えめの沢である。
この沢に惹かれるのは、上流から転がってきたであろう岩に生える苔がものすごく訴えかけてくるのを感じるからだ。

湧き上がる緑!午前10時過ぎの太陽はスポットライトとなって会場を沸かせる。
光が当たると本当に沸き上がるのだ。

k-5IIsの実力ならば、もっとその「お祭り」を再現できるとおもうのだが、
コントラストとキーの設定で、自慢の「妥協」が発動。

地図(登山詳細図「丹沢1/25000」)で調べてもこの沢の名前が出てこない。魚止橋から300mくらい下ったところ。
だれかこの沢の名前を教えてください。

この名もない沢は林道早戸川線のこの橋(?)の下を流れ、早戸川に合流すべく斜面を下っていく。

林道早戸川線は気温が大変低く、すごしやすいので避暑には最高です。

OVER THE 40000KM!!


セローくんが40000kmを迎えました。
納車時13369kmだったので、1年9カ月で26631km走ってきたことになります。

秋田、石川、房総、ともにいろんな海をみて、いろんな山を登ってきました。

こけて付けた傷も、おそろい。

これからもよろしくお願いします。